スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾3連発!

2011/06/26 (日)  カテゴリー/お笑い以外のTV番組

6月の最大の楽しみであった、東野圭吾3週連続SPが終わりました!
いやー、面白かった☆

さてさてまだ観てない方もおられるかと思うので、感想は続きから。
あと、教えていただきたいことも・・・。


「11文字の殺人」
島へ行くってなった時に「あ、何か金田一少年っぽい!」って思った(笑)
何か東野さんっぽくなかったんだよね・・・。
孤島で殺人とかって金田一にありがちで。
そして、途中で犯人が分かっちゃったっていう
クルーズツアーの被害者の弟の家に行った時、恋人がいたって話でピン!と。

冬子が時計の針を進めてたけど、それに結城が気づかないのはどうかと(汗)
結構これは無理があったかなぁ(-""-;)
睡眠薬で朦朧としてるときならまだしも、飲む前だよね!?
30分ってあんまり分かんないか?うーん・・・。(現実的に考えすぎ?)
でも、こういうベタなのも好き

あ、そうそう、朋友(パンヤオ)の人出てた!(電波少年でチューヤンと旅してた人)
思わず「あ、パンヤオ!!!」って言ってしまった。(どーでもいいし)

全然関係ないんだけど、永作さんの眉が薄いなーってずっと気になっていた・・・。(もっとどーでもいい)


「ブルータスの心臓」
いやー、藤原竜也超カッコイイ~(実はかなり好き
童顔だけどもうすぐ30歳なんだねぇ。
こんな人オフィスにいたら毎日会社楽しいだろうな~(〃∇〃)

・・・じゃなくて、この話は面白かった

死体が仁科(袴田さん)になってたのはビックリ
ってか、大きさで分かんないか?だいぶ違うと思うけど・・・。(ケチばっか)

勘違いされて殺された橋本(大倉さん)が一番気の毒だったなぁ(´・ω・`)

結局、末永はロボットによって殺されるという衝撃的な終わり方だったんですけど。
最後酒井(弓絵の幼馴染)がブルータスをコントロールしてたけど、手を離してもブルータスは動いてたよね?
一番信頼していたブルータスに裏切られたという感じでしょうか。
「ブルータス、お前もか」の話とリンクしたりして。(この話よく知らないんだけど)

これはうまい事できてたな~。
色々展開があって面白かった( ̄▽ ̄)
康子の子供の親が社長ってのもビックリしたけど(笑)


「回廊亭殺人事件」
これは私が最も苦手とするものだった(汗)
同じ苗字の人が何人もいて、一度に相関図が理解できない始末( ̄∇ ̄;)
これ、小説で読んでたら諦める分類だな(笑)

最後に爆破したのはビックリした
それにしても関係ない人まで巻き込むって。
あの後みんなどうなったんだろう?
弘美が二郎だったのはビックリした!
弘美=女性ってのを思い込ませた心理的なものに簡単に引っかかった私(笑)

片平なぎさが出たときは、この人が事件解決したらバラエティーだななんて思った(笑)

結局・・・枝梨子の動機がイマイチ分からなかった(バカです)
二郎が死んでないって分かってたんですよね?うーーーーん・・・。
あと、警部(内藤さん)が美代子の部屋に帽子を置いていった理由は何なんでしょうか?
わざとですよね?観ててもよく分かんなくて(+ω+)
観た方、このおバカに教えてくださいm(__)m(切実)

時代背景もイマイチ分かんなかった。
古いのか、現代なのか。
ケータイとか液晶テレビとかあったけど、服装が古い・・・。
(原作は古めらしいですが)
何だか色々ややこしい内容でした(汗)

何だかんだでミステリーはやっぱ面白いわぁ(≧∇≦)
時間を忘れて引き込まれる!
またミステリードラマ始まんないかな~♪♪♪
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : TV番組 - ジャンル : テレビ・ラジオ

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。