スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2-NI-」だけに・・・。

2011/01/27 (木)  カテゴリー/鹵ゆず好き鹵

ゆずさんのアルバムタイトルが「2-NI-」という訳ですが・・・。

んなら、ライブで「2」繋がりのもの歌っちゃわないかな?とか、ふと思ったりして
何があるかな?
えっとー、「アゲイン2」「二つの言葉」「方程式2」「桜道2」・・・ないかー。
でも、「アゲイン2」は大好きだから歌ってほしいけど

なんなら数字繋がりのもの歌ったりしないかね?
例えば・・・「1」「3カウント」「四時五分」「もうすぐ30才」「3番線」「直径5mm」
「一っ端」「始めの一歩」「春三」「午前九時の独り言」・・・。
もっとないかー。
「午前九時の独り言」なんか歌われたら戸惑うわ

今回のジャケいいわ~☆d(≧▽≦*d)
うん、何か、いい!!!
内容もFURUSATOの時よりも断然期待度大!

TSUTAYAにて予約完了!

Amazonで内容がupされてました。

●シングルリリース曲「桜会」「マイライフ」「慈愛への旅路」「from」「Hey和」を始め、
「2」というキーワードのもとに紡ぎ出された楽曲達。
過去と現在、平和と戦争、子と親、生と死、そして二人のやさしく力強いハーモニー、
重なり合う二本の美しいアコースティックギターの旋律。
細胞単位のミクロの世界から、日常の世界、宇宙の世界感まで、一枚のアルバムの中で
圧倒的スケール感を表現した本作。
プロデュースは蔦谷好位置氏との強力タッグで、高い音楽性と表現力の中に、
揺るぎないメッセージを込めて歌い上げた渾身の作品。

●アートワークは、新丸ノ内ビルディングやiidaケータイなどを手がけ、
現代アート界において大ブレイク寸前の彫刻家アーティスト名和晃平氏。
京都にある名和氏のアトリエにゆず自ら何度も足を運び、共に「2」の世界を作り上げていきます。

●初回限定盤のDVDは、アルバム制作の軌跡を辿ったドキュメンタリー作品。
一年間制作現場に密着し、膨大な映像素材の中から編集、さらにアルバムへの
強い思いを語った撮りおろしインタビュー、 「Hey和」Music Clip、
本作の為に撮りおろされたスタジオセッションの映像を含めた、大ボリューム内容を予定。

(Amazonより)

こういうのって誰が考えるんだろ?スゴイなぁ。
某レコード店で働いてた時は、ネットとか本のレビュー丸写ししてたな~。
私はボキャブラリーに長けてないので・・・
ゆずとaikoにはかなり力入れてたけど(笑)
こういうのスイスイ書けちゃう人ってスゴイと思う。

何だかんだで発売日もそう遠くないよね♪
楽しみ過ぎる~o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ゆず - ジャンル : 音楽

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。