スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分なりに生きてゆくよ。

2009/08/16 (日)  カテゴリー/未分類

ずっと書こうかどうか迷っていたこと、書きます。

明るい内容ではないので、ご了承下さい。

昔からこちらのブログに来ていただいてる方で知ってる方もおられると思います。

私のかつての仕事仲間でもあり、友達でもあり、ブログ仲間でもあり、
もう一人のお兄ちゃん的存在だった、アロワナさんが亡くなりました。

正確に言えば、亡くなった事を共通の知り合いから5月に聞きました。
亡くなったのは4月末だったそうで。
すっごくビックリして、その後何回かボーっとしてしまって、
大丈夫?って何度も言われて。
まだ37歳でした。

もともと体が丈夫ではなく、仕事も結構体調不良で休んだりしていて。
仕事を辞めてからも病院へ何度も行っていたみたいで。

アロワナさんとは昔働いていたレコード店の同僚で。
強烈なロックファンで、音楽が大好きな人で。
私がゆず好きって事も知っていたので、ゆずのあの曲いいよねーとか
ゆずのライブはいつ?とか、いろいろゆずの事話してくれたりして。
仕事場でも仲良くしてくれて、お互いレコード店を辞めてからも会ったりしてました。

仕事を辞めて、私がオークションを始めた時は、初心者の私に
ベテランだったアロワナさんがいろんなノウハウを教えてくれて。

私が派遣の仕事で、極度の人間不信になって家に引きこもっていた時も、
心配して何度も電話かけてくれたり。
あの時は本当に救われました。

ゆずの曲を知りたいって事で、私が選んだゆずおススメの曲を
CD-Rに入れてあげると、すごくゆずの曲を気に入ってくれて、嬉しくて。
あんなバリバリのロックファンなのに(笑)

亡くなる1ヶ月前の3月20日、アロワナさんから電話がかかってきて。
その時は、体調が悪くて今家にいて、良くなったらご飯に行こうねって言ってて。
良くなったらまた連絡ちょうだいねって言ってたのに・・・。
それが最後の電話になってしまいました。

何にもしてあげられなくて本当にごめんね。
私と会うと元気が出るよっていつも言ってくれて嬉しかったよ。
いつも気にかけてくれて、本当に本当にありがとう。

アロワナさんがゆずで一番好きだった曲が、「嗚呼、青春の日々」。

そっちの世界は一体どんなんだい?俺もそのうち行くけどさ
そん時までめーいっぱい悩むこともあるけれど 自分なりに生きてゆくよ


音野祭でもゆずが歌ってくれた時、私はずっと空を見上げてました。
アロワナさんに届け!と思いながら。

私なりに一生懸命生きていきます。
生きているって素晴らしい事なんだよね。

3ヶ月経った今も実感がない状態です。
この事をここに書くのはやめようと思ったけど、ひとつの思い出として、
アロワナさんが生きていた証として、残しておきたかったので書きました。
アロワナさんの事ずっとこれからも忘れません。本当にありがとう。
またどこかで逢おうね。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。